簡単にできる塩麹の作り方

醸造会社お勧めの作り方

 

豚の塩麹揚げ定食

 

 

醸造会社お勧めの作り方もあります。これは「麹の池田屋醸造」さんで、創業は寛政四年という熊本城下の老舗の味噌・醤油蔵です。

 

 

良質な米麹・麦麹通年製造・販売していますが、手作り味噌の作り方や甘酒レシピも掲載しており、塩麹の作り方も紹介しています。

 

 

まずは少量で試したいという人にお勧めなのが、既にほぐしてあって便利な乾燥麹です。これはすぐに使える乾燥米麹で、粒が残りにくく、塩麹や甘酒づくりには最適です。

 

 

原料は22年九州産米使用で内容量が200gで丁度使いきれる量になっています。この米麹200gで作る場合の出来上がり量は約700gになります。食塩は95gですが、一部の海水塩など塩分が極端に低いものは避けるようにしてください。水は約400ccで、アルカリ性の水は使用不可です。容器はタッパー等で充分です。

 

 

まずは製品の米麹200gと食塩95gをむらにならないよう馴染ませ、容器(タッパー等)に移し混ぜながら水をひたひた状態まで入れでフタをします。おそらく簡単にできる塩麹の作り方の中でも最も簡単なのではないでしょうか。

 

 

ポイントは一晩置くと麹が水分を吸うので、もう一度ひたひたになるまで水を追加することです。(目安としては2回合計で約400ccまで)後は常温で1日1度かき混ぜながら7~10日で出来上がります。

 

 

ゆで卵や野菜なら冷蔵庫で半日漬ければ漬物になりますし、肉魚類は半日漬けておいてから焼けばOKです。他にも工夫次第で万能の調味料になります。更に香りの良い生麹で仕込む方法もチャレンジする価値があります。